47.0×72.7cm / CG 紙 2016

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
レディーに目覚める 〜アンネリースが持つ恵み〜
 
アンネリースは、仕立屋の店頭に飾られていた
不思議を売る絵描き屋の一枚の女性画に魅了される
 
魅了されるのは何よりの心の恵み
女として持っている私の宝物
 
物語、好奇心、創意 
夢中になって遊び夢を見る…
大人へ向かうための大切な時間
 
アンネリースは、今の気持ちや感性を大切に育みます
 
絵描き屋さんは、大人になった私が事物の装いに寄せる
想いを描いて下さいました
 
絵の中の微笑みは柔らかな心と自分の物語を生き切る強さを
顕わしてくれています
 
父と母が私に言いました
「あなたが、此の世に生を受けたとき
神から慈しみの輝きを頂いたのです」
 
この素敵な女性はすっかり大人になったアンネリース…
 
神様からもらった慈しみの輝きが彼女を
レディーに目覚めさせたのです
 
 

 
 
モナコ・日本芸術祭 「造形芸術文化賞」 受賞
 
会期/ 2017年2月24日(金)~2月26日(日)
会場/ 国立・レニエ3世オーディトリアム
 
モナコ公国文化庁、モナコ公国政府観光会議局が主催する日本との芸術祭 日本人アーティストと芸術交流を行うモナコ人アーティスト
や世界各国から訪れるモナコの美術ファンなど多くの人々が心待ちにする、早春恒例の公式事業
 

 
 
全国のアートと文化が凝縮されたワンコインマガジン
130.3×97.0cm / CG 紙 2016

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
Blue Moon 〜奇跡の場所から聴こえる歌〜

 

青い月に込められた想いは

すべて貴方が創った物語だった


私は、貴方の創ったマトリックスから逃れられない苦しみから

どれほど恨んだことでしょう・・・
 

芸術に生き、清寂の中で生きていた私にとって

万人の視線を受けて、ステージに立つことが、自分の想像する物語にはなかった・・・
 

ブルームーン
 

奇跡の場所から天国の貴方へ私の歌を届けます

私は今、歌に生き、貴方の愛に生きています

 


第一回台日藝術博覧会 〜Art Station2017〜に出展

「 台日国際藝術交流貢献賞 」 受賞

会期/2017年3月24(金)〜3月26(日)
会場/台北駅1F中央コンコース
一日50万人が利用する、台湾一のターミナル「台北駅」、そこで開催される初めての壮大な国際美術展


Art MAISON INTERNATIONAL Vol.21に掲載

Art Maison Internationalは、”東洋と西洋の出会い”この言葉をキーワードとして1996年に創刊された、洋画・日本画・水墨画・書・版画・陶芸・写真など現代日本の様々なジャンルのアーティストの作品が掲載される、日本で唯一の国際美術書籍。 世界各地の美術愛好家に多くの読者を獲得している。


美術屋・百兵衛 No.39 Autumn 2016に掲載

全国のアートと文化が凝縮されたワンコインマガジン

F20 72.7×60.6cm / CG 紙 2016

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
胡蝶 〜春光の序曲〜

自惚れた才能がいつの間にか謂れなき墻壁をつくる
その墻壁の前に立ったとき自惚れた才能が
タンポポの羽のように何処へと飛んで消えていった…

ある時、不可思議な神童にめぐり逢い
彼の奏でる曲を聴く
それは、今年最初の蝶が舞っているかのような感覚に…
確かに優雅に華やかに春が訪れたかのようであった

神童の奇蹟は
再び私を謂れなき墻壁の前に立たせていた


Le Salon(ル・サロン) 入選作品。パリ、シャンゼリゼ グラン・パレ美術館にて展示いたします。

会期/ 2017年2月14(火)~2月19(日) 予定
住所/ Avenue Franklin Roosevelt 75008 Paris,FRANCE

ル・サロンとは1667年、ルイ14世の提言により創設された世界最古の公募展。マネ『オランピア』、
ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』、アングル『グランド・オダリスク』、ミレー『種をまく人』、ジェリコー『メデューズ号の筏』、
ルノワール『シャルパンティエ夫人と子どもたち』、モネ『緑衣の女』、セザンヌ『画家の父』……
これら誰もがどこかで一度は目にしたことのある名作が出展された由緒正しき美術展であり、美術史上に残る多くの巨匠が
この「ル・サロン」によって名を馳せました。

ジミニー 〜小さな存在の人想いの情〜

私の名はジミニー 
この少女に良心を伝えたい
少女のこころの暗闇に小さなぬくもりを照らせたら…

物ごころついた日からひとりぼっち
この子に応える人たちが次々この世から去って
中途半端な親が心の叫びを何も聞いてくれなかった…

途方に暮れて迷う気持ちを
誰にも見せまいと…
誰にも見せまいと…

私の名はジミニー
この少女に良心を伝えたい
少女のこころの暗闇に小さなぬくもりを照らせたら…

 


アートメゾン・ビエンナーレ 出展作品。シルクド・レ・ベジャス・アルテスに出展。

Dominiko tecnico(熟練した技術)賞受賞

会期/ 2017年10月13(金)~15(日)
住所/ シルクロ・デ・ペジャス・アルテス(マドリード総合芸術センター)(マドリード総合芸術センター)

2年に1度開催される日本とスペインのアーティストによる国際交流展「アートメゾン・ビエンナーレ」。 4回目の開催となる今展も前回同様、マドリード中心部にある「シルクロ・デ・アルテス(マドリード総合芸術センター)」にて開催されました。シルクロ・デ・ベジャス・アルテスは、「芸術の保護と発表のための機関」として、民間が非営利で運営している施設で、市民の誰もが知る芸術の殿堂です。今から130年以上前の1880年に創設された。

45.8×53.5cm / CG 紙 2015

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
プログレス 〜未来の斬新な発展〜

未来に希望が無くなった世界
無から何かが生まれるのだろうか?
そんな問いが、この作品と向き合うになる

友が戦いに敗れ星になった
喪失の泪がとまらない…
何時しかその泪がこの星にエメラルドの湖を誕生させた

それは、まさに奇跡の世界

ある日霧の中、湖に浮かぶそれは 竜姿美の物体
近づくと、霧の中に消えてしまう

そして、また顕れる
追いかけるとまた霧の中に消える…

発展とはこの様なものかしれない
答えのない問を続ける強さ
答えを追いかけると霧の中に消え、問いかけるとまた姿を顕わす

友を失った時に流した涙が創った奇跡の世界は
自らの一生が終わるその瞬間に現実の世界として顕れる


Artexpo New York 2016 JCAA booth #158に出展

Artexpo New Yorkは1978年に発足され、毎年春にアートコレクター・バイヤーなど約3万人が来場する世界最大のアートフェア

45.8×53.5cm / CG 紙 2015

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
手紙

親父が死んだ…
家を出て会わなくなって五年が過ぎていた

好きではなかったが、動揺している自分がいる
 「俺は、おやじのことが好きだったんじゃないのか?」
 「まさか…」
周りは親父のこと、どう想っていたんだろう?
おふくろは? 姉貴は?
そんな事をずっと考える
すると、親父のやさしさに気がつく自分がいる…
「寂しい…」 気がつかなかった…
親父にたいして想いがあったことに
それを認めた瞬間に、親父との思い出が走馬燈のように駆け巡った
どうしようもない感情に駆られて涙がとまらなくなる
「ちきしょう!」
無性に自分に腹が立つ。涙がとまらない
微かな記憶に胸が張り裂ける
「ごめんよ…とうさん」

それから届けることのない手紙を書き続けた
何度も書き続けた
すべてをゆだねて書き続けた。
あんなにこらえていた想いが いつかやさしさに変わってくれれば…
心の闇をさまよい歩きつづける。
時が流れてひとり想う
「親父、自分にも愛があったんだな…」


Artexpo New York 2016 JCAA booth #158に出展

Artexpo New Yorkは1978年に発足され、毎年春にアートコレクター・バイヤーなど約3万人が来場する世界最大のアートフェア 

88.8×37.8cm / CG 紙 2015

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
おじいさんのクリスマス

小さなかわいい孫の願いは、サンタになって空を飛ぶこと
おじいさんは、孫のためにサンタの国へお願いに行きます
しかし、何故か?おじいさんがサンタになってしまいました…

クリスマスの夜、おじいさんは橇に乗ってトナカイと一緒に
プレゼントを持って世界中の子供たちのもとへ飛んでいきます
おもちゃを配り終えたおじいさんサンタは最後のひとつの
プレゼントを渡すために、かわいい孫の前に立ちました

「かわいい孫や、メリークリスマス!」
孫を橇に乗せて、キレイな星空を飛び回ります
「わぁー、お空から観る街ってきれいだね!」
孫の願いをサンタとして叶えるおじいさん
お別れのとき、キレイなペンダントを孫の首にそっとかけます
「このペンダントは、おじいちゃんが前のサンタさんからもらった
ペンダント きっとお前のことを守ってくれるから
良い子でいるんだよ きっとまた逢えるから…」
おじいさんサンタは、そう言って橇に乗って夜空に消えていきました

かわいい孫は、ペンダントを握りしめ星空に祈ります
「お星さま、おじいちゃんにまた逢えますように… 
そして、ぼくもサンタさんになれますように…」


美術屋・百兵衛 No.39 Autumn 2016に掲載

全国のアートと文化が凝縮されたワンコインマガジン

72.7×50.0cm / CG 紙 2016

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
LAMP

絵を描くこと以外、何の取り柄もない僕が
まだ見たことがないバラ色の未来を信じる時がある

遠くに見える優しい灯が少しずつ近づいてきて
隠している心の寂しさにそっと夢見る勇気みたいな
寄り添う力をあたえてくれる…

おとぎ話の魔法使いは主人公に試練を与えるが
それが悪いとは思わない
悪いのは、自分を信じていないこと…
非力だけど、待っていては魔法使いに翻弄されてしまう…

僕は絵を描くことができる
そしてまだ見たことがないバラ色の未来を信じることができる
この暖かい灯が僕の隠している心の寂しさに
強く夢見る勇気みたいな寄り添う力をあたえてくれる

きっとそれは魔法使いの放つ試練が僕の味方に変わる時なんだろう


Art MAISON INTERNATIONAL Vol.21に掲載

Art Maison Internationalは、“東洋と西洋の出会い”この言葉をキーワードとして1996年に創刊された、洋画・日本画・水墨画・
書・版画・陶芸・写真など現代日本の様々なジャンルのアーティストの作品が掲載される、日本で唯一の国際美術書籍。
世界各地の美術愛好家に多くの読者を獲得している。

F10 53.0×45.5cm / CG 紙 2014

Artist CHIAKI DAIKOKU
A.M.S.Cスペイン本部芸術家会員
やまての宮殿 〜千代の国のお殿様の夢が実現した未来都市〜

千代の国のお殿様には、壮大な夢があった。

海を渡れ!

この大海原の向こうにある大国と貿易を実現し、

この千代の国を一番豊かな魅力のある国にするのだ!


第8回 東北の建築を描く展 入選

主催/東北工業大学工学部建築学科

東北6県にある建築、都市、街並み、集落などに広く関心を持ってもらうために、東北工業大学工学部建築学科が主催する
毎年行われている展覧会。
建築のある自然や生活風景を自由な発想で描かれています。

リンクページを開くと、画面最下部/過去の展覧会 作品集2014 よりご覧いただけます

110 × 46.0cm / 3DCG 樹脂・錫・水性ペイント 2017
Maria 〜儚い男の想いに抱かれて〜

父の残像が残るオペラ座の舞台

私の夢想は遙か彼方の父の歌と交わり…

それは、ここに残された小さな歌声が

微かに私の耳に聞こえてくる

 

今想う パリの街は、現実と夢を隔てる大きな壁を造ってきた

夢を追うひとりの男の物語が闇に葬られ

蝶のように優雅に舞う事を許さなかった

まだ十二歳だった私の手のひらで光っていた

小さな灯が静かに消えてなくなった…

 

この舞台から感じる残像は

歌への想いを諦められない魂のざわめき

歌を愛した父の足どりが生きた時間が

過去と未来、歌に終生を捧げてそれを乗越えよと

私に迫ってくるようだった

 

「私は、蝶になれる?」

今、慌てて手のひらを見てみた

あの時と同じ小さな光が静かに灯っていた

「マリア…歌は、すべての人の心を癒す祈り」

父の声がはっきり聞こえた

 

もう迷うことはない

蝶が自由に舞えばオペラ座の舞台から

歌声が常春の息吹となって花と共に舞い

そっと気づかないうちに

聴衆の心の中に舞い降りるにちがいない

 


Le Salon(ル・サロン) 入選作品。パリ、シャンゼリゼ グラン・パレ美術館にて展示いたします。

会期/ 2018年2月頃 予定
住所/ Avenue Franklin Roosevelt 75008 Paris,FRANCE

ル・サロンとは1667年、ルイ14世の提言により創設された世界最古の公募展。マネ『オランピア』、
ドラクロワ『民衆を導く自由の女神』、アングル『グランド・オダリスク』、ミレー『種をまく人』、ジェリコー『メデューズ号の筏』、
ルノワール『シャルパンティエ夫人と子どもたち』、モネ『緑衣の女』、セザンヌ『画家の父』……
これら誰もがどこかで一度は目にしたことのある名作が出展された由緒正しき美術展であり、美術史上に残る多くの巨匠が
この「ル・サロン」によって名を馳せました。