Richly garden that weaves vividly
Jardin de richesses
Palpitation
Blanc amant
Embuscade
Luxe
Peinture Art
Rose Peace
Enrouler autour
Et le ciel
Histoire
Moments
Je pense que le temps
Objets d' art
Atenata
Banc
Contraste
Le son de la nuit
Objets d' art
Vent du temps
Vue d’oiseau
CONCEPT

【 Richly garden that weaves vividly 】

Modern art is dramatic

Those that did not appear and the story of the hero try to express overlapped with the owners of the story to come out to the Grimm fairy tale comes into view.

Through the garden to the owner, the relationship between new people and families became better and the design of this Lycés garden was born in hopes of getting many invisible treasures.

The story of Ashaputtel taught us the values we want of the owner.

Main use: Garden & Terrace
Family Structure: Married couple, One child
Construction area: 30m2

装 身 具
TERRACE GARDEN
The beautiful world
Private space
Gradation
CONCEPT
【 装 身 具 】〜創意に口づけ〜
 
物語は、ざわめく世間から離れ
夢界に飛び込みたい衝動に駆られるところから始まる 
 
物語の主人公は、本能に向き合い好奇に導かれて
自分を取り戻す旅に出る
 
旅の目的は「変身」するため
それを助ける創造は美しく魅せると云う
人間の装飾本能
民族の地位や身分を顕わす手段から
慣れ親しんだ日常から見逃した創意
その差異を縮めるための手段に
 
主人公は、心の裡に気づき正直に描くと決める
それが自然のなりゆき
すると、子どもが持つ軽やかな感性が
遠い何処かの世界から戻ってきて
気持ちを奮い立たせ新しい機会を手に入れる  
 
主人公は、旅の中で「装身具」と云う
ユーモアを手に入れる
それは、住空間にアートを繊細に
ディテールで表現すること
その旅の体験は創意に畏敬を表し
自身の物語を活気づけていくのです
 
 
主要用途 TERRACE GARDEN
家族構成 ご夫婦・お子様現在1人・猫
構造   鉄製手摺り・ウッドデッキ
Affordance
concept art
CONCEPT

アフォーダンス 〜自由を求め異なる時空を旅する創作者〜                           彦根市 T様邸

concept

本来の意味は、「生きる環境を探索する事によって獲得する価値
画布は「アフォーダンス」の意味をストーリーを通じて

ひとつの空間に異なる事物が描かれる事で
幻想的な物語空間を構成する」と解釈しました

主人公は、その物語空間から様々な創作を発想し体験をする事で
自身や大切な人達の未来の扉を開いていく機会を創っていきます

 

story

オペラ座の地下に棲む主人公は、世の民に評価されず

身も心も地下に沈んでいた...

美しい歌声と誰にも真似ができない形を生み出すアーティスト

持て余す才能は、陽の目を見ることなく暗い地下の世界で眠っている

誰もが憧れるオペラ座の舞台は、 人間だけに許された感性で創られた芸術

主人公は、暗闇からオペラ座の舞台に、瞠目し夢想を抱く

人が訪れるこの空間を、磨き抜かれた感性でパリの景色を

華やかに穏やかに形創り、観る者の胸に感動を深く突き刺す

しかし、今のオペラ座は見る影もなく、パリの街並みから

消えようとしている... 世の民は、決して芸術を認めようとせず

目の前の金貨に執着する その様は、まるで懸命に母親を捜す

迷子になった子供のように 恐れと不安が入り混じった眼をしている

世の民は、主人公が持つ独自の才能を完全に無視し

オペラ座の舞台に立ち入る事を許さない 主人公の想いは、

地下に投獄されてしまう... ためらい行方もわからない暗闇の中、苦しむ主人公

それでも、一部の理解者に招き入れられれば 地下からオペラ座の舞台に立ち

ゆっくり舞台を見回し パリの宝物を創作する者として忠実に務める覚悟を持つ

主人公の趣向を凝らした視点が オペラ座をパリの宝物として存在させるため

目の覚めるような仕掛けを生み出す 世の民の批判を自力で創作意欲に変える

最後に取った選択は、本性を覆い隠す奇妙な仮面を捨て 自らの足で

歩き廻れる最良の界隈を手に入れること

主人公は、地下で苦しんだ体験を「謎めいた魅力」に変身させ 差異」と云う

ニュアンスを世の民の眼に浮かび上らせる